マイクロ法人作って保険料が75万円安くなった話

資産を守る

社会保険料90万円を何とかしたい

個人事業主で利益を出すと、とにかく国民健康保険料が気になります。こちらは、ある年の僕の保険料です。

ざっと、内訳を書くと・・・

①売上 900万円
②経費 180万円
③青色申告控除後の所得(①-②-65万円)655万円※実際はこれに妻の所得が加算
④基礎控除後の所得(③-43万円×2名)569万円

この④に対して、保険料が決まります。

うちの自治体ですと、

①所得割(④×13%)74万円
②均等割(4.3万円×2名)8.6万円
③世帯別均等割 4.2万円

以上、合計の保険料は86.8万円です。妻の所得が加算され、実際は画像のように約90万円

北海道のuma
北海道のuma

・・・しんどい。

所得税のように各種「所得控除」が効きません。また、会社員のように会社側が半分負担してくれるわけでもないので、かなり高額になります。

うまいことできんのか・・・と思い、色々調べてみると

「マイクロ法人」

というワードに出会いました。

マイクロ法人ってホントに大丈夫なの?

マイクロ法人ってペーパーカンパニー臭というか、脱法行為のような臭いがしますよね。でも検索すると、税理士サイトや会計ソフトの公式ページにも書かれているので安心です。

副業を法人化し、本業は個人事業主として別業にします。社会保険料の節約が目的ではなく、副業も法人化してガンバルよ!という体です。

法人化する副業は何でもOK。売上が少しでも上がれば赤字決算でもやむなし。

マイクロ法人とは?作り方や個人事業主の節税・メリットを簡単に解説 | 経営者から担当者にまで役立つバックオフィス基礎知識 | クラウド会計ソフト freee
マイクロ法人とは、フリーランスや個人事業主が節税のために設立する法人です。マイクロ法人を設立するメリット・デメリットや作り方をわかりやすく解説します。

なぜ保険料が安くなるの?

簡単に説明すると、

・本業とは別業態の会社をつくる(株式会社より合同会社が安くて簡単)。
・その法人から給与を受けることで「厚生年金」「社会保険」に加入。
・これで「国民年金」「国保」から脱退できる(保険証が届いたら役場で脱退手続き)。
・法人からの給与は最低限にして、社保の保険料を最安の区分にする。

年間の社保は会社負担分も合わせて約15万円!(自治体による)

北海道のuma
北海道のuma

75万円も安くなった!

僕は月額報酬(給与)を12,000円にしています。国民年金・国保の個人負担分が払えるギリギリの額だからです。

自治体によって、社保に加入するための条件として「月額報酬いくら以上」という縛りがあるようです。年金事務所に電話確認しましょう!(うちの自治体では、その縛りはありませんでした)

国保から社保へ切替中、社会保険証が届くまでの間に病院に行く場合、病院窓口で「国保から切替中です」と伝えた方が、医療機関は助かるようです。

高額療養制度の最低区分になる

給与所得が下がることで、高額療養制度の自己負担限度額が最低区分になります。

月額の医療費自己負担額が、自治体によって若干差はあるものの約6万円。これがあれば、入院保険など入る必要がありませんよね。

北海道のuma
北海道のuma

1か月近く、妻が入院したときは本当に助かりました!

マイクロ法人のデメリットは「手間」

デメリットはこちら。

・設立の手間とコスト(合同会社で4万円)
・法人地方税(赤字でもかかる均等割が毎年8万円※自治体による)がかかる
・年金事務所や市役所への書類提出と仕訳や決算の手間

手間がかかりそうですが、書類提出は最初だけ。決算や仕訳も本業ほど手間はかかりません。

節約できる保険料を考えると、十分やる価値ありますよね。しかも扶養家族がいればなおさら、メリット大きいです!

あと、iDeCoの掛け金上限が減ってしまうのも注意しましょう。(国民年金加入者だと68,000円ですが、厚生年金加入者は23,000円です)

超簡単!マイクロ法人の作り方

このサイトにポコポコ入力していくだけ。またまたfreeeさんの登場です。

freee会社設立 - 自分でも安心、簡単に設立手続き
会社設立・登記やその後の手続きに必要な書類が無料で作成できます。必要事項を入力していくだけで書類作成は完了。電子定款、法人印発注、法人口座開設も行えます。法人登記・起業・設立準備ならfreee会社設立。

とにかく簡単で感動します。(昔、株式会社を作ったときはもっとコストも時間もかかりました)

事前に準備しておくのは、

・ハンコ(個人のものでOK)
・マイナンバーカード
・電子定款の保存用CDR

マイナンバーのリーダーを買っておくと便利です。確定申告でも使えます。スマホでもできますが、作業をサクサク進めたい方にオススメです。

電子定款も電子申請もすべて、freeeのサイト上で完結できます。

年金事務所への書類提出だけはfreee上ではできません。直接持ち込みました(郵送も可)。ウェブサイトで最寄りの年金事務所をチェックしてみてください。(書式もアップされているはずです)

必要書類は以下の2点。

・健康保険・厚生年金保険 新規適用届
・健康保険・厚生年金保険 被保険者資格取得届/厚生年金保険 70歳以上被用者該当届

2つ目の方に「70歳以上」と書かれていますが、70歳未満でも同じ書式を使用します。記入の仕方がわからない項目は、窓口に提出の際に確認しながら(または電話で確認しながら)がよいです。郵送での提出もOKですが、不備があった場合は再提出になることも(結構シビアです)。

結局、動き始めてから法務局への登記が完了(履歴事項全部証明書が届くまで)に1週間程度。あっという間。

freee側に5,000円払うサービスですが、申請の手間を考えるとめちゃくちゃお得です。

北海道のuma
北海道のuma

行政書士にお願いしたら高いですよ!

マイクロ法人は本業とは別業種で

本業と同業種での設立はNGです。それでは「なぜ分ける必要あるの?」って税務署に突っ込まれます。

売り上げの付け替えなど、決算の不正もできかねないとみられるのでしょう。

あくまで本業とは別業種で。そして「副業もきちんと(1円でも)売上が立つ」よう、実態のあるものにしましょう。アフィリエイトでもメルカリ転売でも、なんでもいいので手軽に始められるもので売上をつくりましょう。