資産を守る

資産を守る

忙しい教室長こそ新NISAで資産形成を

新NISAで「ほったらかし」が一番いい ネットで散見する「こんなに儲かった!」という話は例外中の例外。惑わされず、男は黙って「新NISA」です。(女性ももちろん) 新NISAはご存じの通り「非課税投資枠」。配当も売却益も非課税です。個別株で...
資産を守る

iDeCoは受取り方で節税額が変わる!

iDeCoのメリットとデメリットを簡単にチェック 僕は税理士ではないので、以下はあくまで参考まで。税理士法により質問回答はできません。 北海道のuma 以下の記述に間違いがあれば、指摘してください! iDeCo(個人型確定拠出年金)で節税で...
資産を守る

「共済金」で節税し、資産を守る

中小機構で扱う2つの「共済金」 独立行政法人 中小企業基盤整備機構(中小機構)が扱う共済金で、所得税などを節約できます。 共済金の掛け金は、退職時に受け取る形となりますので、そのタイミングで税金はかかりますが退職金にかかる税率の方が有利です...
資産を守る

マイクロ法人作って保険料が75万円安くなった話

社会保険料90万円を何とかしたい 個人事業主で利益を出すと、とにかく国民健康保険料が気になります。こちらは、ある年の僕の保険料です。 ざっと、内訳を書くと・・・ ①売上 900万円②経費 180万円③青色申告控除後の所得(①-②-65万円)...